「桃ヶ池長屋のはじまり」

 

 

大阪阿倍野区桃ヶ池町に歴史を感じる四軒長屋があります。

その素敵な佇まいに惹かれて、現在はアトリエやお店をする人が移り住んできました。

 

 

この長屋は昭和4年に建てらたもの。

昭和初期としてはめずらしい通り庭のあるちょっと贅沢なつくり。

 

長屋前の道は、田辺から王子神社をつなぐ街道筋として栄え、

商売をする人が多く住んでいたそうです。

お店として使うためにこの長屋の土間は広く、軒先も通常より奥行きがあります。

お客様が腰掛ける椅子を置いたり、商品を並べるためなのかもしれません。

 

 

今は現在の暮らしに合わせて、壁を塗りなおしたり、一部床をはり直したりしましたが、

柱や梁などの骨組みは当時のまま残っています。

 

 

長い時間を経た木の表情、キズや釘の跡、ちょっとゆがんだ昔の建具。

古くても、手をかけてやることで、味わい深く存在感のある建物。

 

 

この土地に暮らすたくさんの人たちを、戦前からずっと静かに見守ってきたこの長屋。

私たちは愛情をこめて「桃ヶ池長屋」と呼び名をつけました。

 

「そして、むすびの市へ」

 

 

古いものを大切にして今に活かすということ

暮らしのモノを大事に自分らしく過ごすということ

この長屋を通じて出逢えた人と人のつながり

 

 

それをカタチにしようと、2012年秋、

桃ヶ池長屋にて「秋むすび」というこだわり市を開催しました。

 

 

初めての市にも関わらず、たくさんの人に来ていただけて、

定期開催することになったのです。

 

 

その後、同じ通り沿いにある長屋にもお店を始める人がうつり住み、一緒にむすびの市を行っています。

 

 

長屋のことを知ってもらったり、素敵な手作りのものや作り手に出会ったり。

新しい縁がまたむすばれて、つながって、またむすばれて。

この「むすびの市」がそんな時間になりますように。